PR

cheeroシリーズがモバイルバッテリーとして完成されすぎているのでまとめてみた

 ガジェット好きな私は、普段から様々な機器を持ち歩いている。

 iphone、ipad、wimax、ipad用のキーボード、その日によって持ち歩くものは異なるが、とにかく色々と持ち歩いている。

 そうなると気になるのは電源。

 

 とくにiphoneやwimaxなどの自力で通信する機器は電源の消費がとても早く、仕事いって定時で帰る頃にはまずだいたい残バッテリー20%前後まで落ち込んでいる。そのまま帰宅するだけなら問題ないのだか、そのあとアフターファイブとしゃれこんで遊びにでも行こうものなら、電源が持たない。

 

 そんな時に助かるのが、モバイルバッテリー

 コンビニで売っている千円前後の安物ではなく、本格的なリチウムイオンのバッテリーがあると、やはり充電も早いので助かる。

 

 というわけでAmazonで買おうとしたら、種類が多過ぎてどうしていいかわからない……

 という時期が私にもありました。笑

 大容量だのスマフォが何回充電できるだの色々書いてあるけど、どれがどう違うんだかいまいちわからない。私もそうでした。

 で、私の場合はそのまま、Amazonで買えるバッテリーのほとんどを実際に購入してしまいました。当時の私はとても衝動買いの多い人だったので、ちょっと気になると欲しくて仕方なくなっちゃってたので、気付けば家がバッテリーだらけになってました。笑

 

 その結果、私がモバイルバッテリーのなかで最高峰だと感じたものは……

 cheeroシリーズです!!!!

 

 cheeroシリーズの良いところ

 安い、そのくせ他社の一万円前後する製品よりも品質が良い。

 他社のバッテリーだとものによっては充電できないことがあったりしたのだが、今のところcheeroで充電できなかったのは、私が確認した限りではディズニーモバイルが出してるちょっと古いスマートフォンくらいだった。それ以外は全部充電できた。

 

 というわけで商品紹介。まずはcheeroと言えばこれ。

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

 10400mAhの大容量。iphone五回くらい充電できる。お友達の分もしてあげれちゃうかも。欠点は重量290g。カバンの中に入れてるとちょっと重い。

 個人的にはこれの一世代前の方が、容量そんなに変わらなくて重量が若干軽いので好きなのですが、Amazonで取り扱っているのは現状もうこっちだけみたい。

 まぁでもこれだけの大容量で3000円前後は安い。他社のバッテリーが軒並み1万円前後なので、圧倒的である。そのくせ品質も良いってどういうことなの?

 コンビニの使えない低品質バッテリー三個買うより、絶対これ買った方が良い。

 写真は白ですが黒verもある。個人的には黒のほうが好き。

 

 ここまで大容量じゃなくていい、それよりも軽い方が重要。という人にはこちら。

 容量は4400mAhまで下がったが、それでもiphoneなら二回くらいは充電できる。iphoneとwimaxそれぞれ一回とかもも可能でした。アフターファイブに使うだけならこれで充分。軽いし。重量はなんと120g。もはや持ってることを感じないレベル。

 写真はゴールドっぽい色ですが、ピンクもあります。僕はピンク買いました。バッテリーとは思えないほどオシャレな雰囲気で女子ウケが良いです。

 

 それでもまだ重い、もっと軽くしてくれ!!という人にはこちら

  容量は2600mAh。iphone一回分くらいかな。重量が82g。もはや筆箱や財布の中にでも入れておけるレベル。

 アフターファイブで使うだけならこれでもry以下略

 女性なら化粧ポーチとかの中に入れてあっても違和感ないですね。

 

 ちなみにこんなのもあります。

  ダンボーくんとコラボしたやつですね。かわいい。スペックも変わらないし。今から買うならダンボーくんモデルのほうがよいかも。

 

 って書いてる途中で、新作見つけてしまった

 おお!いつの間にか新作出てた!! それぞれ7000mAhで175gと、6000mAhで160g。ちょうどこれまでに無かった中間を埋めてきたみたいですね。うわー迷っちゃうなぁこれ。

 

 まぁでもどれを買っても絶対に損はしません。

 必ず満足できます。断言します。わたしは友人にモバイルバッテリー聞かれた時はもう必ずこれって答えてます。

 

 以上、cheero のモバイルバッテリーまとめですた( `・ω・´)