PR

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜【僕が人生で初めて「涙」を流した時の話】

 物心ついてから、人生で一度も涙を流したことがありませんでした。どうも大彗星ショッカーです。

 

 僕は昔から、どんなに世間で【感動の名作】といわれている作品を見ても、胸がキュンとすることはありましたが、涙が流れたことはありませんでした。

 どんなに悲しい出来事に遭遇しても、頭が狂いそうになることは何度かありましたが、涙が流れたことはありませんでした。

 

 でもそんな僕が、二年前に人生で初めて涙を流しました。

 今からその話をします。

 あ、ちなみにドラえもん映画のネタバレ系の文章が続くので、嫌な人は見ないでね。お願いね。

 

 きっかけは単純なことです。

 二年前当時、映画館で放映していた「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜」を見たからです。

 僕はもともと、いい年こいてドラえもんの映画を毎年1人で見に行くような残念男子でしたので、その年も1人でGOしようと思ったのですが、運良くそのとき付き合ってた女性が一緒に行こうと言ってくれましたので、その年は二人で見に行きました。

 ドラえもんの映画は、新ドラになってから、超名作か超駄作のどっちかしかないというのが僕の評価でした。

 のび太の恐竜は、細かいディティールが深堀りされて良かった。

 魔界大冒険も、メデューサが美代子さんの母上だったという設定に変更したことによって、メデューサというキャラクターに存在意義が生まれたし、面白かった。

 でも、それ以外のはだいたいひどかった。とくに宇宙開拓史。どうしてギラーミンさんをヘッポコ悪役にした。あと新キャラがストーリー上まるで存在価値なかったやん。

 

 まぁそんなわけで、今年も期待半分・がっかり半分な気持ちで「鉄人兵団」を見に行ったわけなんですが

 大当たりだった。

 過去最高の大当たりだった。

 何が良いって、ジュドがピッポになったことだ。

 

 藤子・F・不二雄版の鉄人兵団で、唯一気になったところがある。

 それはジュドというロボット兵士の存在だった。

 ジュドは鉄人兵団の地球攻略作戦の先兵として、リルルと一緒に地球に送り込まれたロボットだ。

 しかし、体が大きかったため分割して地球に送り届けられたジュドのボディを、ひょんなことからのび太達が拾ってしまい、脳の部分だけが残ってしまったのだ。

 

ジュドの脳部分

f:id:noabooon:20130929230335j:plain

http://ameblo.jp/id-pop/entry-10762173193.html

 

 紆余曲折あって、鉄人兵団が地球に侵攻してくることを知ったのび太達は何か情報を得られないかと考え、ジュドの脳と対話する。しかしジュドは「人間など下等な生き物」「人間はロボットの奴隷になるべき存在」という持論を崩さない。

 そこでドラえもん達は、ジュドの脳みそを改造することにした。

 

 彼を分解し、脳回路を見た時、ドラえもんはこう言った。

 「見たこともない回路が詰まってる」

 それを受けてジャイアンがこう続けた。「見たこともない回路が詰まってるなら、見たことのある回路に入れ替えちまえばいいんだ」

 ……そしてそれは実行された。

 こうしてジュドは、ザンタクロスという名のロボットに生まれ変わり、のび太達の味方になった。

 

 子供心に、このシーンだけがどうしても気になっていた。

 ドラえもんのことは人間扱いなのに、どうして敵キャラのロボットはモノ扱いなの??

 

 物語の全体としては充分におもしろかったし、最後のリルルによる自己犠牲的な活躍も感動した。

 しかし、だからこそ、そんな素晴らしい名作だからこそ、この【ジュドの扱われ方】だけが、どうしても納得できなかった。ずっと心に引っかかっていた。ジュドの「何をするやめろおおおお!」という断末魔の叫び声が、私の心から離れなかった。

 これが私の幼い頃の記憶の一つ。

 

 しかしこれが、新・鉄人兵団では変わった。

 ジャイアンが同じセリフを言うと、のび太がこう反論するのだ。

 「改造なんてかわいそうだよ」

 のび太達は、「改造」ではなく、「説得」によってジュドを味方につけようとしたのだ。

 私はこのシーンを見た瞬間、幼い頃の違和感が思い起こされ、とても嬉しくなった。

 

新ドラのジュド(ほんやくコンニャク無しで会話するため、お話BOXという道具を使用したため、外見がヒヨコっぽくなっている)

f:id:noabooon:20130929230913j:plain

その外観から、のび太達にはジュドではなく「ピッポ」と呼ばれている

http://ameblo.jp/flower51/entry-10840870015.html

 

 そして紆余曲折あり、ジュドは最終的にのび太達と和解した。

 のび太達と共に、同胞である鉄人兵団と戦う決意をした。

 「リルル、僕はのび太と一緒に戦うよ。のび太を助けたいんだ」という言葉と共に、ピッポはどこでもドアの向こうに消えていった。

f:id:noabooon:20130929231302p:plain

 

 始まる戦い。

 鉄人兵団の圧倒的物量を前に、徐々に劣勢になっていくドラえもん達。

 そのとき、ピッポが不意にのび太の名前を呼ぶ。

 のび太が振り返ると……

f:id:noabooon:20130929231453p:plain

 「のび太、ありがとう」

 

 この瞬間、私は涙が止まらなくなってしまった。

 鼻水をだらだらと流しながら、大の大人が、えっぐえっぐと声をあげて、隣には彼女もいるというのに、みっともなく、汚らしく、止めどなく涙を流し続けた。

 

 これが、私が人生で初めて涙を流した時のお話。

 この後の一年後、もう一度だけ涙を流す機会があったのですが、それはまた別のお話なので省略します。

 とにかく、私が人生で涙を流したのは、その一件と、この「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜」を見た時の二回だけ。

 旧ドラファンの皆さんの中には、新ドラのこと否定する人達も少なからずいるようですが、確かに新ドラになってドラえもんのキャラクター性は大きく変わってはしまいましたが、それでもこの鉄人兵団のように、リメイクされたことによって何かが大きく補完されたと感じる作品もあると思います。

 そのことを旧ドラファンの皆さんに少しでも知って貰えれば嬉しいです。

 

 最後に、やっぱり僕はドラえもんが好きだ。いい年こいても、ガキ臭いと言われても、大好きなんだから仕方がない。

 
[新・のび太と鉄人兵団]劇場予告編 - YouTube


ドラえもん のび太と鉄人兵団(予告) - YouTube

 

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD]

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD]

 
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団?はばたけ 天使たち?DVD通常版

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団?はばたけ 天使たち?DVD通常版

 
小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団

小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団