PR

鳥山明と宮崎駿の作品の魅力がさっぱり全くわからない。

f:id:noabooon:20131022144443j:plain

 

 世の中では大人気なのに、私にはその魅力がさっぱりわからないもの。

 その一つが鳥山明作品

 

 鳥山明ってホント神の如き漫画家だよね

 http://2chcopipe.com/archives/51911217.html

 

 

 もうね、本当に彼の作品のどこがそんなに面白いのかわからない。

 ドラゴンボールなんて、シナリオに高度な伏線とかあるわけじゃないし、独自の哲学がこもっているわけでもない。

 ただなんかムキムキな兄ちゃん達が、ムキムキな異星人だの魔神だのと戦って、最後はお決まりの怒りのスーパーサイヤ人化して倒すだけじゃないですか。

 ワンパターン。

 毎度毎度、ワンパターン。

 あれの何がどう楽しいの。

 アラレちゃんはまだ多少は楽しめたけど、でも別に神というほどじゃなかった。

 

 それから宮崎駿作品もそう。

 こちらもさっぱり魅力がわからない。

 

 千と千尋の神隠しは、「で、結局何が言いたかったの?(´・_・`)」って感じだったし

 もののけ姫は最後の「やっぱり自然が一番大事なんだよ☆」みたいな結論が陳腐で安っぽ過ぎて反吐が出そうになった。

 トトロは退屈すぎて眠たくなった。

 ラピュタはちょっと面白かった。

 ナウシカは全編通じて「環境破壊ダメ絶対☆」みたいなメッセージをしつこいくらいにもってくるあたりが鬱陶しかった。

 

 

 

 私にはどうにも

 宮崎作品は「哲学が安っぽいのが多い」と感じられ

 鳥山作品は「哲学が何も無いのが多い」と感じられるのです。

 

 そこが私にはどうしても受け付けないのです。

 私は物語に、作者の思想や哲学を見たい。

 

 

 

 あぁ、それからもう一点。

 この両者の作品には尖ったところが何も感じられない。

 そこもすごく嫌いなところです。

 なんというか、全てがテンプレートのような人物、状況、結論。

 

 無機質な人物達が

 定番のありがちな状況に巻き込まれ、

 最終的にありきたりな結論に到達する。

 毎度毎度、それだけじゃないですか。

 

 これが本当に人間の作る作品か?

 何か高度な人口頭脳みたいなやつが、適当に過去の名作を分析して作ってみた作品とかじゃないのか?

 って感じがします。

 

 全ての人物が、生きていない。

 背景も何も感じられない。

 

 まぁでもこれは、人によっては異論もあるようですね。

 昔、知り合いに「宮崎作品は人物描写が素晴らしい!」って大絶賛してる人がいましたので。

  このような感想の差異が発生する要因は何なのでしょうね。うーん、不思議だ。同じ作品を見ているはずなのに。

 

 

 

 ちなみに私が好きなアニメは「日常」と「BACCANO」と「パタリロ」らへんです。

 映画ではインデペンデンスデイとフィフスエレメントあたりが好きです。

 というわけでそろそろウンコがもれそう限界なのでいってきま