PR

Appleを装った「パスワードの再設定メール」がうちにも届いたぞ☆

 まずおとといの早朝10時頃。

 突然「パスワードの再設定メール」が届く。

 

 

 あれれ? おかしいな? ぼく何もそんな依頼出してないぞ?

 不審に思い、添付されているURLやメールアドレスのドメインを確認する。するとappleドメインの公式なものっぽい。

 ↓

 まだ寝ぼけてたこともあって、「ということは、これは精巧に作られた偽物メールではなく、apple公式のシステムを利用して、何者かが僕のアカウントに侵入しようとしているってことかな☆」と判断。

 ↓

 そのまま、「怖いからパスワード変えちゃおうー☆」と思い、そのメールのURLをクリック。パスワードを変更する。

 ↓

 一時間後くらいに徐々に目が覚めてくる

 「あれ、さっきの自分の行動は何かおかしくないか」と気付く。

 ↓

 「パスワードの再設定メール」がさらに何通も何通も届くようになる。

 これは完全におかしい!!

 ↓

 今度はそのメールを仲介せず、インターネットからappleの公式ページへ直接アクセス。

 こちら↓

 http://www.apple.com/jp/support/appleid/

 再度パスワードを変更する。

 ↓

 その後もひたすら「パスワードの再設定メール」が届いてるが、全部無視してる。

 いちおうappleの公式サポートにも問い合わせてみたが、シカトで問題ない、むしろシカトしろとのこと。

 

 なお私の場合は、appleIDにメインとして登録しているメールアドレスではなく、

 その「代替メールアドレス(appleIDにそういう機能がある)」として登録しているGmailのほうに届きました。

 

 

 

 さて、この謎の不審メールに関して

 ネット上でも様々な記事が立ち上がってますが……

 

 例えばこちら。

 【ガチ注意】Appleを装ったフィッシングメールが大流行中です

 http://iphone-mania.jp/news-8303/

  

 こちらでは以下のように書かれております。

 まず、自分で変更した記憶が無ければ無視しましょう。送付されていても絶対に中にあるURLはクリックしないようにしましょう。

 クリック先には更にニセのApple公式サイト風のページでAppleIDとPasswordを要求されます。また、ユーザーの情報を釣り上げる為のスパムの仕掛けが入っている可能性もあり危険です。

 

 これは違うんじゃないかな?

 私の場合、今回の一件で、二回パスワードを変更してるんですよね。

 一回目は寝ぼけてたとき。

 二回目は自分の行動が危険だと気付いて、さらに再変更したとき。

 

 で、二回目のログインの際には、一回目で変更したときのパスワードでしっかりログインできてるんです。

 ということは、やっぱり飛び先自体はappleの正式なホームページなんじゃないかな。

 

 そうだ、メールのヘッダーのところには、appleIDに登録している僕の名前も記載されてました。

 ってことはやっぱり、これは精巧に作られた偽物メールとかではなくて、通常のappleシステムを利用しているんじゃないか?

 

 しかしそうなると、犯人の目的はなんだ?

 何回もパスワード再設定メールが届いて僕が精神的に疲弊したところを狙って、優しい言葉でラブホテルにでも誘おうっていうのか?

 わからんちん。

 

 何はともあれ、ユーザー側で現状できることは

 1、メールが届いてもシカト

 2、既にパスワード変更しちゃった人は、怖いのでいちおうブラウザのクッキーや履歴を削除した状態で、もう一度appleのホームページに検索から直接飛んで、再度パスワードを変更。

 3、心配ならさらにクレジットカード情報あたりは、いったん落ち着くまで削除しておくと良いかも。

 くらいですかね。

 

 あとは正式発表を待ちましょう。