PR

最近話題のApple ID 『パスワード再設定方法』のメールは、絶対にフィッシングではない!! ……と思う

 こんな記事を見つけますた。 

 『Apple ID パスワードの再設定方法』のメールってフィッシングじゃなくて誰かが名簿総当たりしてるんじゃ?

 http://digimaga.net/2013/10/strange-iforgot-apple-id-mail

 

 あ、これ僕も全く同じ事思ってた!!

 

 ここ最近、全国のappleユーザーの皆さんのもとに、身に覚えの無い「パスワード再設定メール」が届くという事案が発生しております。

 これに関して多くのITニュース系サイトは、「フィッシングメールに注意!」「来てもリンクを踏まないように!」といった内容を書き立てております。

 しかし私はこれらの記事は間違ってるんじゃないかと思っています。

 

 理由は以前書いたこちらの記事。

 Appleを装った「パスワードの再設定メール」がうちにも届いたぞ☆

 http://dshocker.hatenablog.com/entry/2013/10/24/133419

 

 こちらの記事でも書きましたが、

 私は最初にこのメールが届いたとき、寝ぼけてたこともあって、

 

 1. このメールのリンクをクリックし

 2. パスワードの変更を行いました。

 

 しかしそれから数時間後、少し目が覚めて来たとき

 「あれ、おれすげーバカな事してないか?」と気付き

 

 3. 今度はメールを介さずにappleのホームページに直接飛び、そこで再度パスワードを再変更しました。(この時、2で変更したパスワードでログインしています)

 

 お分かりでしょうか?

 もしこのメールがフィッシングメールなのであれば、3の行動をとる際に、2で変更したパスワードでログイン出来たのはおかしいのです。

 2で変更したパスワードがしっかり反映されていたということは、このメールのリンクの飛び先が巧妙に作られたコピーサイトではなく、appleの正式なサイトだったということです。

 

 この説を裏付ける証拠として、

 最初に紹介した記事のこちらの文章を引用させて頂きます。

 

 ボクのもとに届いたメールにバッチリ“篠原 修司 様”って入ってますが、このメールが届いたメアドって表に出してないヤツなんですよ。俗に言う楽天専用メールアドレス。

 だから仮にフィッシングだとしたら“example★example.com 様”みたいなことになるのが当たり前であって、“篠原 修司 様”って出るのはおかしい。どっからこの名前とメールアドレス紐付けたんだよお前、エスパーか。みたいな。

 まあ触らぬ神に祟りなしなんで触らないことはボクもオススメしますが、フィッシングとはまた違ったヤツなんじゃないですかねぇー。

 

 そうそう、僕のもとに届いたメールにも、はっきり本名フルネームが記載されていました。

 これらを総合して考えるに、やはりこのメールは「巧妙に作られた偽物メール」とかではなくて、「appleの正規のシステムを利用して届いたメールなのではないかと思われます。

 

 じゃぁ、

 犯人は何者で?

 何が目的なんだ?

 と言われたら、それはさっぱりわからんちんなんですけどね(´・ω・`)

 

わからんちんのココ (日本傑作絵本シリーズ)

わからんちんのココ (日本傑作絵本シリーズ)

 

 ココちゃん\(^o^)/

 

 とりあえず不安な人は、下記リンクからappleIDのパスワード変更とかクレジットカード情報の削除とかだけしておけば良いと思います。

 https://appleid.apple.com/cgi-bin/WebObjects/MyAppleId.woa/?localang=ja_JP

 

 あとは公式発表を待つしか無いかなぁ。