PR

「幽霊信じてる?」「いいえ」「じゃあご飯に箸立てていいよね」「だめ」「は?」

 これめっちゃ共感したー!

 

 「宗教信じてる?」 「いいえ」 「じゃあ持ってるお守りハサミで切って」 「できない」 「は?」:特定しますたm9(`・ω・´)

 http://www.tokuteishimasuta.com/archives/7385048.html

 

 僕は小さい頃、「ご飯にお箸を立ててはいけない」というマナーが、どうしても納得できなかった。

 

 

 なんで箸を立てちゃいけないの?

 幽霊を呼ぶから?

 

 え? 幽霊信じてるの?

 え? 信じてないの?

 

 だったら箸立てたっていーやん!

 べつに幽霊こないやん!

 

 ……っていつも思ってた。

 

 いやまぁね、別にこんなの、そこまで食いつくほどのことではないのかもしれませんよ。

 それはわかりますよ。

 

 だけど僕は、あらゆる倫理や道徳にはちゃんと明確な根拠があって欲しいのです。

 でないと、これを悪用して、他人を思い通りに動かそうとする人達が出てくるから。

 

 倫理や道徳は、人の社会生活を縛り付ける一定の政治力になる。

 だからそこには、行き過ぎているくらいに「明確な根拠」を求めても良いと思うんですよ。

 

 日本でサービス残業みたいな悪臭が万延しちゃっているのも、『みんな頑張ってるのに、一人だけ帰るのは良くないこと』みたいな倫理が、明確な根拠はないけどなんとなく成立してしまっているからですよね。

 でもそれじゃダメでしょ。

 

 あらゆる倫理や道徳には、明確な根拠があるべき。

 そうでないものは、もっと批判されて然るべき。

 

 私はそう思います。