PR

信者を作れるものは強い

 改めてそう思った。

 きっかけはこの記事を読んだこと。

 【解説】はてなブログふざけんじゃねえぞ - はてブのまとめ

 

 私は、はてなブログに参入してまだ日が浅い。

 故に全く知らなかったのだが、まつたけ (id:denpanohikari) さんは、もともとTwitter界の人気者だったらしい(本人は否定してるけど、ありゃ充分に人気者だと思う)。

 フォロワー数35000。

 僕のアカウントの50倍だ。

 さらに、ニコニコ動画の歌い手でもあるらしい。

 

 この人は、はてなブログを通じて人気を獲得したのではなく、元々他の媒体で一定の人気を獲得した後に、はてなブログ界にやってきたというわけだ。

 なるほど。

 確かに彼の記事はすさまじく面白いが、さらにそれを拡散しやすい土壌を元々持っていたというわけだ。

 そりゃ、人気ブロガーになるわ。

 

 

 信者を作れる者は強い。

 いや、信者という表現はまつたけさんにとって不快かもしれないので、そこは支持者でも何でもいい。

 とにかく、自分のことを好いてくれる人達だ。

 そういう人を沢山作れる人、つまりなんらかのカリスマ性・魅力がある人物は強い。

 本当にそう思う。

 

 

 家族自慢みたいで申し訳ないが、私の母上は個人で開業医をしているのだが、「腕が良い」ことと「話が聞き上手」であることが重なって、知る人ぞ知る名医みたいなキャラになっている。

 診療所には看板も何も設置されていないので、知らない通行人が見ても、そこに診療所があるとは誰も気付かない。

 ホームページはいちおうあるが、放置過ぎて検索に一切引っかからない。

 

 こんな状態にも関わらず、母上の診療所はいつでも予約待ちで満杯だ。

 ひどい時は数ヶ月先まで埋まってしまうという。

 信者の人達が、口コミでどんどん客寄せしてくれるからだ。

 

 

 三国志の時代に劉備玄徳という男がいた。

 こいつは若い頃からヤンキー集団のボスみたいのをしてて、義理人情には熱いが、短気で頭がすさまじく悪い。

 難しい兵法だの、政治だのと言われてもさっぱり分からない。

 だから戦争をやらせれば負けてばっかり。

 政治だって大きな業績は何も残せていない。

 

 でも彼は、ものすごく民衆に支持されていた

 人気者だった。

 

 当時の劉備は、当時最強の勢力であった曹操軍に「宿敵」のように思われていた。

 つまり劉備について行くということは、曹操を敵に回すということなので、ほとんどの人にとって全くメリットが無かったはずだ。

 でも彼のもとには、次から次へと人が集まった。

 

 

 APPLE製品が何故、売れるか。

 それは純粋にAPPLEの製品完成度が高いということもあるだろう。

 だがもう一つの要因として、APPLE信者がいるからという点も見逃せない。

 重度のAPPLE信者は、APPLEが新作を出す度に、既に旧版を持っていてそれに充分満足していたとしても、結局はやっぱり新作を買ってしまうのだ。

 

 

 信者を作れる者は強い。

 本当に強い。

 そう思う。

 そしてこれらの信者を生み出せる人々に共通している点は、一定の誠実さがあるからではないかなと、いま書きながら思った。

 

 まつたけ (id:denpanohikari) さんの言葉は、いつでもまっすぐで実直だ。

 私の母上はいつでも人の病気を治すことに真摯だ。

 劉備玄徳はバカだが、温かく人情家だった。

 APPLE製品はなんだかんだで、やはり追求された完成度を感じる。

 

お客様を信者に変える!―儲けを生み出す「対話=ダイアログ」のつくり方 (実日ビジネス)
 
一回のお客さんを信者(ファン)にする (PHP文庫)

一回のお客さんを信者(ファン)にする (PHP文庫)

 

 

 大切なのは誠実さ、正直さ、純朴さ。

 そういうものなのかもしれない。

 

 多くの人は、こういった純粋な精神を人生のどこかで無くしてしまいがちだ。

 何故なら、短期的な視点で見れば、その方が利益が多いように感じられるからだ。

 

 しかしこうして考えると、これは目先の利益を追うことで長期的な視点での利益を失っているだけのことで、実はとても愚かな行為なのかもしれない。

 

 

 

 とりあえず

 私も全国の小学六年生の女の子たちに愛される男になりたいので

 明日からは、より強い誠意を持って、

 近所の小学校に侵入しようと思います。