PR

フリーになって初めて「悔しさ」というバネを持つようになった

 今、体調わる子氏( id:watakochan )この記事を読んだ。

 フリーになって悔しさというバネを失った話 - 体調わる子の毒吐きブログ

 

 そして考えた。

 そして気付いた。

 

 僕はこの逆だ。

 

 僕は仕事を辞めて、今すごく、全てにやる気が出ている。

 

  

 僕は昔、幾つかのweb系企業にいたことがある。 

 ECサイトを担当したこともあるし、昔懐かしい月額課金制サイトを担当したこともあった。

 で、そういう仕事をしていれば当然、僕には自分の担当サイトの売上げを向上する責務が発生する。

 

 クリック率を調べたり、コンバージョン率を確認したり、そしてそれらの数値をもとに、自分のサイトのどこが強くて、どこが弱いのかを特定する。

 あとはその特定した箇所を改善していくために、毎日様々な施策を考案していく。

 これが僕に与えられた仕事だ。

 

 しかし僕には、これが全くやる気が湧かなかった。

 いや正確に言うと、当時は自分に「やる気が湧いてないこと」に気付いてもいなかった。

 今改めて考えてみると、そうだなと思っただけだ。

 

 いちおう仕方なく、それらしい施策を提出したりはしていたが、表面上を取り繕っただけの、まるで魂のこもっていないものばかり出していた。

 そんな気がする。

 だから別に、サイトの売上げが下がろうがなんだろうが、正直どうでも良かった。

 それを理由に、体調わる子氏(id:watakochan)のように「悔しい」とか「頑張らなきゃ」なんて思ったことは1度も無かった。

 「あぁ、なんか言われるのめんどくさいなぁ。言い訳どうしようかなぁ」と思ったくらいだ。

 おうふ、こうして文章にしてみると本当ウンコ社員だな。

 

 

 

 でも今は違う。

 仕事を辞めてフリーになった今、僕は人生で初めて、全てに対して情熱を傾けれている。

 

 web制作の案件を貰えれば、今迄には無いくらいに奇麗なコードを打つよう心がけるようになった。

 このブログの運営だって、今迄は大嫌いだったクリック率・コンバージョン率等の数字を詳細に追うようになった。

 それによって、広告配置やらレイアウトやらを深く考えるようになった。

 

 あ、ブログといえば、魂込めて書いた記事がヒットしなかった時、人生で初めて「悔しい」と思った

 すごい悔しかった。

 だから、なぜヒットしなかったのかを考えて、次の記事ではそれを活かして書くようになった。

 そういう感覚を、人生で初めて持った。

 

 

 

 なんでだろう。

 昔の僕は、どうしてあんなにやる気を出せなかったんだろう。

 多分、自分の好きを活かせなかったからかな。

 

 僕は変なものが好きだ。

 だからこのブログでは、世界チョコ選手権だの、鼻毛通知代行サービスだの、珍しいものばかりを紹介している。

 

 そういうヘンテコサービスの運営とかだったら、もう少しやる気も出たのかもしれない。

 だが当時の僕が働いていた会社には、「働く女性のお悩み解決サイト」だの「飲食店のクーポンサイト」だの、一般的なサービスしか無かった。

 そんなん言われても、自分の中に無い文化過ぎて、全然どうしていいかわからんかった。

 想像力が一切働かなかった。

 

 いや、「どんなに自分に興味の無いものだろうと、仕事としてやる以上はやる気出せよ」って言われたら返す言葉も無いんですけどね。

 ただ、当時は自分がこんなにもやる気が湧いてなかったことに、気付いてすらいなかったのです。

 申し訳ござらん。

 

 ってか、この仮定が正しいとすると、僕がやる気を出せる会社なんて、世の中にほとんど無いってことになっちゃうな。

 世の中の9割は一般的なサービスで成り立ってるんだもんなぁ。

 

 

 

 結論。

 やはり僕には就職は向いてないようです。

 あ、なんかすげー悲しい結論になっちゃったw

 ザ・社会不適合者やー/(^o^)\

 

 まぁでもしょうがない。

 それが自然な自分なら、受け入れるしかない。

 あとはこれでどうやって生活していくかを考えれば良いだけだ。

 

 ブログだけで食ってけるプロブロガーみたいなのになれれば、それも良いんだけど。

 まぁでもそれは現実的に難しいだろうし、あとたまにはお外で人と交流したい気もするしなぁ。

 

 なんか面白いことしたいな。

 変なことしたい。

 スーパー変なことたくさんしたい。

 世の中を変なことで溢れさせたい。

 ヘンテコだーらけーな世界になーーーれーーーー!!

 

 

 

 あ、そういえば

 今度、水商売の方向けに脱水商売のためのパソコンスクールみたいなのを個人で始めるかもしれません。

 お友達で脱水商売したいという方がいらっしゃいましたら、是非ともご紹介下さい。

 

 と宣伝して終わってみる。

 はてブユーザーには絶対いなそうな気がするけど。