PR

「理想の自分」に辿り着けていない「現実の自分」に絶望する、とある愚者のひとりとーく

 私の人生はいつもそうだった。

 私はいつも、何をやらせても、「こうでなければいけない」という自縛の幻想に縛られる人間であった。

 だから私は、ずっと小説が書けなかった。

 いつも少しだけ書いてはすぐに、「理想の自分」に辿り着けていない「現実の自分」に絶望し、悲しみ、辟易とし、書くことを諦めてしまっていた。

 だから私は、今迄に一度しか、最後まで小説を書き終えたことがなかった。

 

 それが私自身の欠点であることは既に理解していた。

 だから、このブログを初めてからは、深く考えるのはやめた。

 そう心がけていた。

 

 どれだけ自分で駄文と感じる文章であろうと、とにかく公開し続けて来た。

 それが自分への試練だと思うようにしていた。

 

 それから二ヶ月の月日が経った。

 

 最初の頃は反応など皆無だったこのブログが、徐々に反響を貰えるようになってきた。

 嬉しかった。

 すごくすごく嬉しかった。

 

 最初はただのラッキーヒットだった。

 

 しかし徐々に、どのような記事が受けやすいかも理解してきた。

 デイリーのPVも1万前後を維持できるようになってきた。

 このままいけば、さらに発展していける。

 そう思っていた。

 

 だが、これが良くなかった。

 

 私はここ数日、何故かうまく記事が書けなかった。

 どうしても、これだと思える記事が書けなかった。

 それでも幾つかの記事は、それなりに反響を貰えたのは、全くの幸運であった。

 

 しかしどうにも、何かが違っていた。

 このブログをまだ始めたばかりの頃、あまりに楽しくて毎日狂ったように更新を重ねていた頃とは、何かが異なっていた。

 

 この三日間、その違いについてずっと自問自答していた。

 そして今日、やっとその答えが出た。

 私は再び、自分の心を縛っていたのだ。

 

 今迄は反応ゼロだったこのブログが、少なからず反応を貰えるようになったことにより、私は再び、「次の記事もヒットさせなければ」という自縛の強迫観念に囚われていたのだ。

 

 一体、何をしているのだ私は?

 何故、過去に気付いた過ちを再び繰り返すのだ?

 

 なんたる愚か者か?

 なんたる思考停止者か?

 

自分を許す心理学 (知的生きかた文庫)

自分を許す心理学 (知的生きかた文庫)

 

 

 ってここまで書いてからやっぱり少し気が変わってきた。

 うん、いや、別にそこまで自分を蔑むこともないじゃないか。

 

 私は確かに、そういう幻想に何度も縛られてしまう人間だ。

 自分でも分かっているし、だからそうならないように注意もしているんだけれども、それでも気を抜くとすぐにまたその強迫観念に縛られる。

 そういう人間だ。

 だが、別にそれはもう仕方の無いことじゃないか。

 

 それに対して、愚か者まで言わなくたっていいじゃないか。

 というか、そうやって自己否定的な認識をするところが既に、「理想の自分」に心を縛られているということじゃないか。

 あ、これ絶対そうだわ。

 いまオレめっちゃ良いこと言った!

 

 よし、段々心が落ち着いて来たぞ。

 よっしゃ!

 元気出て来たぞ、よっしゃ!!

 

 

 

 ブログってイイネ!!

 こうして自分の心を文章にすることで、自分の内面を整理できる時がある。

 そういう意味で、ブログって本当にイイネ!!

 最高だね!!

 ひゃっほー!!

 

 おお、前半と後半でまるで別人のようだ。

 ごめんね!

 昔からテンションの浮き沈みが激しい子だったんだ!

 ごめんね!

 気にしないで!

 

 とにかくそういうわけで、今私は猛烈に元気だ!

 っしゃー!

 明日からも更新がんばります!

 こんなヘッポコブログを読みにきて下さる皆さん、ありがとうございます。感謝してます。本当に本当に感謝してます。僕の体でよければ払います。あ、いらないですかそうですか。

 

 というわけで本日より、以前のような鬼更新体制になると思います。

 はい。

 よろしくですうーーーーーーーー(∩^o^)⊃━☆゚.*・。゚