PR

ゲームは遊ぶものじゃない!! 乗り越えるものなんだよ!!

 id:kouas1100 さんが以下のようなエントリーを書かれていた。

 ゲームをすると馬鹿になるはだいたい真理 - 反社会的な中学生

 

 内容は以下のような感じ。

 手軽な成功体験が世の中にはありすぎるんだ。

 ゲームなどがなかった時代は

 近くにある蜜=ローリスクローリターン

 遠くにある蜜=ハイリスクハイリターン

 だったんだけど、手軽な成功体験を供給するものが増えた結果、

 近くにある蜜=ノーリスクローリターン

 遠くにある蜜=ハイリスクハイリターン

 になってしまった。これでは馬鹿が増えるはずだ。

よってゲームをすると馬鹿になるはだいたい真理。

 

 ようは、

 「ゲーム=手軽な成功体験を与えてくれて、人を馬鹿にする道具」

 とおっしゃられているわけなのだが……

 

 

 感想

 id:kouas1100さんは、ゲームをしたことないのかな?

 って思った。

 

 ゲームが手軽な成功体験を与えてくれる?

 どこが?

 全然むしろその逆でしょ!!

 

 

 ゲームで成功体験を得るのは、すげー大変だぞ!!

 例えば私はカルカソンヌというボードゲームでその昔、全国で3位に入賞したことがある。

 しかしその翌年は15位まで転落した。

 

 毎日毎日、ipadのオンライン対戦や弟と対戦を繰り返して、それから週に一度はカルカソンヌで知り合った仲間達と練習会を開いて、もう年間でどれだけの練習時間を割いたかわからない。

 それでも、一気に12位もランクダウンしてしまった。

 ここで成功するの、どんだけ大変だと思ってんすか!

カルカソンヌ

カルカソンヌ

 

 

 それから私はモンスターハンターが好きだ。

 私のプレイスタイルは、タイムアタッカーだ。

 同じモンスターと何度も何度も戦い、過去のベストタイムよりも一秒でも短く討伐した記録を生むことに快感を感じるタイプだ。

 しかし、実際にそれを達成するのは、物凄く大変だ。

 装備構成や、持って行くアイテムを試行錯誤して、いざ準備万端整えて行ったとしても、そんな時に限って金冠クラスの巨大モンスターが出て来ちゃったりする

 (モンハンでは同じモンスターでも、個体によって大きさが異なる)。

 

 運良く最小クラスのモンスターを引いたとしても、そこからがまた大変だ。

 それから10分前後の間、私は一度の操作ミスも許されない。

 精密なマシーンのように、あらゆる無駄な動きを排除して、一瞬一瞬の判断を完璧に選択していかなければいけない。

 

 そんだけ頑張っても、(タイムを)縮められないときは縮められないんですけどね!!

 こちらも『気軽な成功体験』なんか全然出来ません。

 むしろ日々、失敗体験が積み重なっていくばかりです。

モンスターハンター4

モンスターハンター4

 

 

 

 多分

 id:kouas1100さんが言ってるのは、ソーシャルゲームとかのことかな?

 まぁ、あれはあれで、重課金しないと勝てないし。

 重課金したところで、勝てないときは勝てないし。

 

 そこまで安易な成功体験が約束されているというわけでもないと思うけどね。

 最初のチュートリアルから数日間くらいだけでしょ。

 

 

 そもそも

 昔はゲームのような「安易な成功体験を与えてくれる道具」なんて無かったというが、その前提もかなり怪しいのではないか?

 昔は昔で、映画や小説がそれを代替していただけではないか?

 

 物語の登場人物が最終的にハッピーエンドを迎えると嬉しいのは何故だ。

 安易な成功体験を擬似的に感じれるからじゃないか。

 

 しかもこちらは、ゲームのように自分で何か動かしてるわけじゃない。

 こちらは、ただ見ているだけだ。

 

 ゲームはまだ、自分で手や脳を動かした結果として、成功体験なり失敗体験なりを得ることが出来る。

 しかし映画や小説は、実際の自分はただ座って見ているだけで、擬似的な成功体験を得ることが出来る。

 しかもゲームと違って、こちらは失敗することが無い。

 ただ座って見てるだけで、確実に、悪は倒せるし運命の恋は実るというわけだ。

 

 もし、id:kouas1100 さんの言うように「安易な成功体験」が本当に人々を馬鹿にする麻薬のような存在なのであれば、その麻薬の影響をより強く受けているのは、現代人より昔の人の方なんじゃないかね。

 

テレビゲームと子どもの心―子どもたちは凶暴化していくのか?

テレビゲームと子どもの心―子どもたちは凶暴化していくのか?

 

 

 最後に、ゲーマーとしては私よりもかなり上位で、もはや一般人がおいそれと至れる領域ではない領域にまで至ってしまっている「私の弟」の名言を三つほど紹介して、本稿を締めさせて頂こうと思います。

 

 名言1

 弟「このゲームまじクソゲー。つまんねぇ」

 ぼく「だったら、やらなきゃいいじゃん?」

 弟「何を言ってるんだ? そんなこと出来るわけないだろ。買った以上は、最低限一周は終わらせなくては」

 ぼく「え、だって、つまらないのに、無理に遊ぶことないじゃん」

 弟「アホか!! ゲームは遊ぶものじゃない!! 乗り越えるものなんだよ!!

 ぼく「 」

 

 名言2

 ぼく「あなたにとってゲームとは何ですか」

 弟「日々の自分を知るパロメーターであり、未知の知見や哲学を与えてくれる師でもあり、自分を高めるための道でもある

 ぼく「 」

 

 名言3

 (僕がモンハンでふざけて味方を吹き飛ばしまくってたところ…

 弟「おい。まじめにやれ。ゲームで遊ぶな

 ぼく「 」