PR

【MH4】今作はガンランスに納刀術はすごく「アリ」だという結論に至った

 今作のMH4では、モンスターがみんなすごく強くなりました。

 モンスターごとの特徴も物凄く特化されるようになり、これまでの作品よりもさらに、モンスターごとに対応した装備構成が重要になりました。

 例えば、グラビ相手ならガード強化つけるとか、ラージャンやキリン相手にはガンランスは向いてないから大剣を使おうみたいな話ですね。

 

 しかし私は

 それがどうしてもいやなんだい!!

 という人でした。

 

 私は過去のモンスターハンターの作品でも、2種類か3種類くらいしか防具構成を考えない人でした。

 モンスターによって、装備を変えるというのが嫌なんです。

 たった一つのシンプルな装備で、全てのモンスターに対応できるようにしたいんです。

 ラージャンだろうがキリンだろうが、いつものガンランスで挑みたいんです。

 

 そんな私にとって、今作の装備構成を考えるのはすごく難しかった。

 

 ガンランスキラーなモンスターといえば、まずはグラビです。

 ガード不能攻撃が多い。

 ガード強化をつければ一気にらくちんになりますが、あれはグラビやラージャン以外のモンスター相手だと無駄になるのでつけたくなかった。

 

 それからリオレウスなんかも、昔よりアグレッシブに動くようになって、やりづらくなりましたね。

 それからキリンやラージャンのような相手も、厳しい。

 ガンランスは足が遅いから追いつけない。

 

 こういった全てに対応できる、たった一つのシンプルなスキル……

 それを考え続けた結果、私は

 「納刀術

 という答えに辿り着きました。

 

 いや、これが思いつきで作ってみただけだったんですが、実際やってみたら思ったよりマジで有用だった。

 

 グラビみたいなガード不能攻撃をしてくる相手には、ささっと武器を閉じて位置調整で対応できます。

 リオレウス・キリン・ラージャンなどの、動き回りすぎて普段なら追いつけない敵にも、ささっと武器を閉じてガンガン攻撃できます。

 

 それ以外のそこまで相性が悪いわけではないモンスター相手にも、

 ばんばん武器を閉じれるので、位置調整がしやすくなり、

 結果手数がめっちゃ増えました。

 

 とくにオンラインで戦いやすくなった!!

 集団線だと、味方を吹き飛ばさないように位置調整が大変なことも多いのですが、納刀術のおかげでそれもしやすくなりました。

 みんなのいないところにさくさく移動できる。

 

 離脱がしやすくなったので、生存率も格段に上がりました。

 ガンランスは武器閉じ時間が長いので、危ないと思ってもなかなか武器を閉じれるタイミングを見出すのが大変でしたが、それも無くなりました。

 

 

 納刀術は、けして最速タイムを出せるスキルではない

 だがどんなモンスター相手にも、一定以上は戦えるようになる、そんな万能スキルだと思いました。

 ガンランスの欠点である機動力の少なさを補うことによって、太刀のようにさくっと連撃してさくっと離脱するような、ヒット&アウェイ型の攻撃を可能にしてくれます。

 しかもそれでいて、太刀とは違ってガードもできる!

 ガード性能も高い!

 肉質なんて無視しちゃうから、攻撃部位を選ぶ必要もない!

 

 っていうね。

 

 前作まではガンランス+納刀術はあんまり評判よくなかったけど、

  1. 今作のように各モンスターが極端に特化された環境で、
  2. モンスターごとの対応装備ではなく、万能装備を目指すのであれば、

 充分にアリな選択肢なんじゃないかなぁ。

 と思いました。

 

 以上、ガンランスに納刀術の所感でした。