PR

のび太の「名言」に学ぶポジティブ思考術

 ドラえもんに出てくるのび太くんは、「言い訳」の論理展開が芸術的なまでに秀逸なことで有名です。

 

 これは、多くの人にとっては愚かなる詭弁にしか聞こえないかもしれません。

 しかし、ある意味ではどこか真理を突いているような気がしないでもない、不思議な論理展開です。

 

 私は、これら「のび太くんの名言」の中に、ネガティブ思考で悩んでいる人々が身につけるべき重要な何かがあるような気がするのです。

 というわけで今回は、そんな「のび太くんの名言」を集めてみました。

 

 

 レッスン1「悪いのは自分ではなく、他人だと考える」

 先生「君はどうして0点ばかりとるのかね」 

 のび太「先生がくれるから・・・」

 先生がくれなければ、0点をもらうこともありません。

 全くその通りですね。

 はい論破っっ!!

 

 今もってる自転車はきらいだ!

 乗れないから!!

 そう、悪いのは自分ではなく、ユーザーフレンドリーな製品を作らない自転車業界なのです。

 のび太くんは全く悪くありません。

 このような粗悪な製品を作り、消費者から金銭を巻き上げている自転車業界は悔い改めるべきなのです。

 

 のび太「絵をかいているの?」

 パパ「うん、ひさしぶりに気持ちよくかけた。のび太はどう思う。感じたままにいってごらん」

 

 のび太「感じたままにいったら、ひっぱたかれた。こんなのあるか」

  大人はみんな汚い!!

 

 

 レッスン2「できないのではなく、しないのだと考える」

 つりなんてひきょうな遊びはきらいなんだ。

 むじゃきな魚をエサでだましてつりあげるなんて

 自分が釣りが下手だから嫌いなわけじゃないんです。

 彼は正義感ゆえに、釣りなんて非道な真似をしたくない、それだけなのです。

 

 

 レッスン3「自分の全てを肯定する」

 やる気にないときにしたって

 身につかないの。

 やる気になるのを待ってるの。

 サボってるわけじゃないのです。

 彼は自らの最大スペックが発揮できる最高のタイミングを、虎視眈々と狙っているだけなのです。

 

 あきらめのいいところが

 ぼくの長所なんだ。

 顔が悪いところが、当ブログ管理人の長所なのです。

 美しくない人の気持ちがわかってあげれるからね!!

 

 

 レッスン4「とにかく何でもいいから自信を持て!!!!」

 顔の悪いのが

 なんで悪いんだ!!

 そうだ何も悪くない!!!

 

 一番いけないのは、

 自分なんかだめだと思い込むことだよ。

 自信を持て!

 僕は世界一だと!

 どんなに勉強ができなくて運動もできなくて顔も悪くてヘタレで居眠りばかりしてても、自信を持て!!

 自分は世界一だと!!!!

 

 他人の評価なんて気にするな!!

 重要なのはお前自身がどう思うかだ!!

 

 

 レッスン5「焦らない」

 のんびり行こうよ、人生は

 一生懸命のんびりしよう。

 

 ネガティブな人は、もっと意識してのんびりするべきなんです。

 あなたが自分を変えようと思うこと自体は悪いことではない。

 でも、それを焦ってしまうところが良くない。

 

 どうせ人間は、そんなすぐには変われないんです。

 そんなもんなんです。

 なのにそういう現実を受け入れられず、今すぐ変わりたいと願ってしまうから、あなたはいつも変われないんです。

 ネガティブな人は、もっと一生懸命がんばって、のんびりするべきなんです。

 

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。

 
「のび太」が教えてくれたこと

「のび太」が教えてくれたこと

 

 

 いかがでしたでしょうか。

 半分はネタですが、半分はまじめに考えました。

 どれがネタかは、答えはあなたの心の中にあります。

 

 というわけで当ブログの管理人も、ネガティブ思考を脱却できるように頑張ります。

 わいは世界一や! 世界一美しいキモオタニート非モテ男なんや!

 ひゃっふー!