PR

自炊代行業者に依頼するのと、自分で自炊するのどっちがお得?

 僕の趣味の一つに、紙の本を裁断してスキャナーで読み込んで電子書籍化する「自炊」があります。

 

 そのためにこんな機器まで買ったんですが……

 

 

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

 

 

 

OLFA 刃折器付きオートロックカッター DL-1

OLFA 刃折器付きオートロックカッター DL-1

 
カール事務器 ディスクカッター DC-200N

カール事務器 ディスクカッター DC-200N

 

 

 これが実際にやってみると、

 思いのほか、面倒くさいww

 

 

 最初は楽しかったんですが、ずっと単純作業の繰り返しなので、徐々に面倒くさくなってくる。

 

 一冊の本を電子書籍にするまでにかかる時間は、だいたい3分前後なので短いのですが、これを数十冊・数百冊レベルでやるとなると本当にめんどくさい……。

 

 というわけで、いつの日かやろうと思ってた書籍を、自宅一階の共有スペースに積んでたのですが、これが気付けば200冊もたまってしまいました(´・_・`)

 

 さすがにそれだけたまると

 他の家族から「邪魔」「どけて」という苦情がやってきます。

 でも200冊も一気にやるのは面倒くさい。

 うう、どうすれば……。

 

 そこで僕は考えた!!

 「そうだ、自炊代行業者に頼んでみよう!」

 

 確かに、わざわざ5万円近く出して買ったスキャナーを自分で持っているのに、代行業者に頼むのは無駄かもしれません。

 でも、この200冊だけでいいんです。

 それだけやってもらえれば、以後に買った本は全部自分で自炊するから……。

 

 そう自分に言い訳して

 自炊代行業者に見積もりを出してもらってみました☆

 

 今回依頼してみようと思ったのはこちら!

 自炊の最安値を目指します!│MEGAスキャン

 

 とにかく冊数が多いので、最安値という単語に心魅かれました。

 

 メニューバーの「スキャンご依頼フォーム」のボタンを押して、そこから利用規約に同意てきなページを二枚挟んで、最後にもろもろの必要事項を入力します。

 

f:id:noabooon:20131126134045p:plain

 

 納品方法や納品スケジュールまで選べる!

 納品日は早く設定すればするほど、料金も高くなってしまう模様。

 今回はとにかく冊数が多いので、一番安く済む30営業日納品を選択しました。

 

 すると……

 

f:id:noabooon:20131126134511p:plain

 

 た、たけえwww

 30日コースでも一冊200円なので、200冊あるとそれだけで4万円。

 さらに、ファイル名を書籍タイトルにするオプションが一冊50円×200冊なので1万円。

 さらに、一部のみカラーモードで印刷にしたのでそれで数千円あがって、さらに冊数が多い場合はハードディスク納品になってしまうらしく、それで8000円……。

 

 計、63420円なり/(^o^)\

 

 しかもこれは一番安い「350ページ以下の書籍」で出してみた料金なので、ページ数が多い書籍が混じった場合、さらに上がる可能性も…。

 

 うーん、Scan snapやその他の自炊関連機器を、一通りもう1度揃えたのと同じくらいの値段になってしまった。

 ちょっとこれだと、さすがに注文は厳しいなぁ……。

 

 というわけで、素直に、毎日10冊×20日くらいかけて、自分で自炊することにしました(´・_・`)ww

 

 まとめ

 自分で自炊するのと自炊代行業者に頼むのどちらが安いかは、料金プランにもよるので一概には言えませんが…

 だいたい200冊前後が境目だと思います。

 200冊以下なら、だいたい代行業者に頼んだ方が安上がりです。

 200冊以上なら、自分で機器を揃えて頑張った方が、安上がりです。

 ただし、とても面倒くさいので、高い精神力が求められます。

 

 値段をとるか、快適さをとるか……。

 悩ましいところですね(´・_・`)

 

 あなたの自炊生活のお役に立てれば幸いです(`・ω・´)