PR

天皇制が廃止されないことが悲しい

 こういうこと書くとまた「炎上狙いか(゚Д゚)!」って怒られちゃいそうだけど、心に湧いてしまったので書いてみる。

 

 いま、これ読んだ。

 【天皇陛下80歳】前侍従長・渡辺允さんインタビュー 「『無私』が陛下のなさっていることの本質」+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

 

 もう、あまりにも感覚が違い過ぎて、わけがわからなくなった。

 

 

 

 僕は以前、こんな記事を書いたことがある。

 天皇家ってちょーぜつかわいそうだと思うの - 大彗星ショッカーのヒマつぶし2

 

 というわけで、僕は基本的に「天皇制、反対!」っていう立場の人だ。

 何故なら、天皇家の人達があまりにかわいそうだから。

 

 僕にとって天皇家とは、国民の奴隷だ。

 国民の象徴だかなんだか知らないけど、ようは日本国民一億数千万のために、自分の人生を捨てさせられ、生まれた瞬間からあらゆる自由を奪われた、そういうかわいそうな人達じゃないか。

 なので、黒人奴隷だって1862年には解放されているのに、なんで天皇家だけは未だに解放してもらえないんだろうっていつも思ってる。

 

 で、そういう視点で最初に紹介した産経ニュースの記事を読むと、なんだかものすごい違和感に包まれてしまう。

 根底には、常に国民の幸せを願うとともに、憲法に定める「象徴」として身を持さなければならないという思いがあられると思います。「無私」という言葉がありますが、全て国民のためにやっておられる、それがなさっていることの本質だと思う。

 国、国民から、大げさにいえば世界から、何を求められているかを常に考えておられる。

 皇太子時代から、「国と国民のために尽くす」という思いでここまでやってこられた。国民のみなさんには、その重みをよく分かっていただきたい。

 

 何をそんな美談みたいに語ってるんだ。

 一個人が、国民のために人生を犠牲にされてるんだぞ。

 ひどい話じゃないか。

 それをそんな素晴らしいお話であるかのように語るなんて、わけがわからない。

 

 この人達にとって、天皇ってなんなんだろう。

 そんなに崇高で大切で愛しい存在だというなら、どうしてそんな理不尽な状況から解放してあげようと思わないんだろう?

 保守系の論者はよく、天皇に対して「敬意を抱く」とか言うけど、それは自分達が勝手に押し付けた人生を、天皇が言われた通りにしっかり全うしてくれているから「敬意を抱いている」ってだけじゃないか。

 なんだよそれ、なんて歪つな愛情なんだよ。

 なんて一方的で身勝手でムチャクチャな「敬意」だよ。

 それって本当に「尊敬している」と言えるのかよ。

 

 ただ、かといって今の天皇がこれまで行って来た活動そのものを否定したいわけではない。

 確かに、今の天皇がそうやって「無私」の精神を根底に、これまで国民のために様々な活動に尽力されてきた来たこと自体は感謝すべきことだろう。

 敬意の念を抱ける。

 この人はすごい。

 立派な方だ。

 

 でもだからといって、それと天皇制を肯定するかどうかとは別だ。

 こんな中世の風習が未だに残っていることが、国民のために一個人の人生が強制的に決めつけられてしまうことが、僕にはどうしても我慢ならない。

 もし自分がそんな家に生まれてたらということを考えると、恐怖以外の何者でもない。

 

 天皇制を無くしたら日本の文化が無くなるとか言ってる人もいるけど、だからなんだって思う。

 文化だろうがなんだろうが、それで誰かの自由が奪われるなら、そんな文化いらないよ。

 そんなのは、「男女平等にしたらイスラム文化が無くなるから、男尊女卑でいいんだーい( `・ω・´)」って言ってるのと同じに聞こえるよ。

 

 というわけで、僕は一刻も早く天皇制の廃止を願う。

 一日でも早く、一秒でも早く、この悲劇の一族を解放してほしい。

 誰もが自分の人生を自由に決めれる世の中になって欲しい。

 そうでなければ、この世界はあまりに残酷じゃないか。