PR

成人式に行かなかった派なので、成人式に行く意味もやる意味もよくわからない

 これ読んだ。

 痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 東京都・世田谷区の成人式に暴走族が乱入→壇上に上がって大暴れ - ライブドアブログ

 

 今年も成人式で暴走する人々が出たみたい(´・_・`)

 しかも世田谷区って僕の住んでる地域だw

 で、これ読んで思ったのが、そもそも「成人式って何のためにいまだにやってるんだろう?ってこと。

 

 僕は成人式に行かなかった人だ

 家でゲームしてた。

 その話をするとみんなに言われる。

 「えー? どうして行かなかったのー?」

 僕が逆に聞きたい。

 むしろ、どうしてあれに行こうと思うんだ?

 

 懐かしい友人に久々に会いたいだけなら、自分達で同窓会でもすればいいだけだし、どこの誰とも知らん街の偉い人の演説なんかも聞きたくない。

 袴とかも魅力を感じない。

 そんな僕からすると、あれに参加することの魅力がさっぱりわからなかった。

 

 冒頭に紹介した成人式で大暴れする若者ってのもさ、「成人式」そのものには何も魅力を感じてないから、暴れるんじゃないかな。

 成人式そのものには何の魅力も価値も感じていないから、なんとなく大暴れできそうな「お祭り」として参加しているだけだから、暴れる。

 大騒ぎをする。

 彼らにとっては、それだけが成人式に参加する価値なんだろうさ。

 まぁそれが良いか悪いかって言われたらもちろん悪いとは思うんだけど、でもそれだけ多くの若者が価値を感じていない成人式を、どうして未だにやってるんだろうっていう気もする。

 

 ……そんなことを考えながらネット見てたら、今度はこんな記事見つけた。

 「荒れる成人式」はいつから?(山口 浩) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 個人的に気になったところを要約すると……

  1. そもそも成人式が始まったのは1948年くらいからなので、実は歴史は短い。
  2. しかも、初めて10年もすると全然人が集まらなかった。
  3. そこで当時は、映画上映などのアトラクションで人集めをしていた。

 ちょww

 当時から需要薄だったのかよww

 それを「映画上映」などのアトラクションが楽しめる「祭り」にすることで、なんとかつなぎ止めていたらしい。

 この時代から既に形骸化してたんかい……。

 

 でもこんな記述もあった。

一方で1966年3月10日付東京版朝刊「文京区の成人式復活 希望者が多く来年から 二十三特別区」では、一時成人式が中止されていた文京区において、若者層からの希望で式典が復活するという流れもあった。理由ははっきり書かれていないが、晴れ着を着て集まる同窓会としての要素は当時から意識されていたのかもしれない。

 

 あぁなるほど。

 最初こそ「映画上映しなきゃ集まらない程度の催し物」だったけど、時が経つにつれ、同窓会的な意味で残してほしいっていう需要が出て来てたのか。

 だったらもうさ、「成人式」じゃなくて、「役所主催の【大規模】同窓会」とかにしちゃえばいいんじゃないの?(´・_・`)

 

 役所の主催で飲食できる大規模同窓会パーティー!!

 お役所もたまには粋なことしてくれるね!!

 もちろんそこでは、マナーだの成人としての意識だの、そういう面倒くさいことは何も求められない!!

 だってパーティーだからね!!

 もちろん街の偉い人の演説も無い!!

 あってもまぁ、主催として軽く挨拶程度に!!

 あくまでも今日の主役は若者だからね!!

 みんなで騒ごう!!

 壇上にだって登っちゃおう!!

 ものを壊さない程度になら、好きなだけ大暴れしてオッケーだ!!

 だってこれは「式」じゃなくて、お役所主催の飲み会だからね\(^o^)/!!

 ……みたいな感じにしちゃえばいいんじゃないの?

 

 需要はあくまでも「同窓会」「祭り」なのに、実際の運営は変に「式典ぶって」「格式ばったもの」にしようとしてる。

 需要と供給が一致していない。

 そこがそもそもの間違いなんじゃなかろうか。

 

 こんなに毎年毎年「暴れる人」が出るのって、成人式だけじゃん?

 地元の普通のお祭りとかだったら、DQNな人達でもまじめにおみこし担いでるじゃん?

 彼らにとって価値あるものなら、彼らとて壊そうとはしない。

 彼らにとって価値がないものだから、彼らは成人式を壊そうとする。

 だったらもう、素直に「需要」に応じた形にしちゃった方が、色々と健全な気がするんだけどなぁ。

 

沖縄の荒れる成人式2013

沖縄の荒れる成人式2013