PR

人間は「今の自分が出来ること」しか出来ない。それをし続けるしかない。

 livedoorブログの大先輩、イケハヤ先生がこんな記事書いてたよ。
 ブログを毎日続けられないのは「ブログ筋肉」が貧弱だから:低カロリーなコンテンツから始めよう 

多くの悩めるブロガーは、そもそも「毎日更新をする」という前提ではなく、「役立つことを書く」「書きたいことを書く」という前提から始めてしまっています。これが「毎日更新がつづかない…」という悩みの根本的な問題です。

 

「役立つことを書く」「書きたいことを書く」というのは確かにおっしゃるとおりなんですが、物事には時間割というものがあります。あなたが一日15分の余裕しか持っていない状態で、「役立つ」「書きたい」コンテンツを1時間かけて書くことはできません。

 

というわけでまとめ。毎日続かないのは、今のあなたにとって、コンテンツが重すぎるんです。あなたのブログ筋肉は貧弱なのです。一度敷居を下げて、低カロリーで生産できるコンテンツを取り入れてみてください。長く続けていけば、検索エンジンからのアクセスも増加し、生産できるコンテンツの幅も広がってくるはずです。

 
 これ、共感できる。
 とてもとても共感できる。
 というかこれは、僕もブログを始めてからずっと感じていたことだ。

 

 人間は、今の自分が出来ることしか出来ない。

 僕はそのことにずっと気付いていなかった。
 だから、今の自分が出来る以上のことをずっとしたかった。
 その通りに出来ない現実の自分に、ずっと自己嫌悪していた。
 それで何度もブログを辞めようと思ったこともあった。
 それでも色んなきっかけがあったおかげで、なんだかんだで今日まで毎日ブログを書き続けることが出来ている。
 その結果、なんとかそこそこPVを稼げるブログを作ることが出来た。
 時には、自分で後から読んで恥ずかしくなるような駄記事を書くこともある。
 「当たり外れが大きいブログ」なんて評価されたこともあった。
 でも、今の僕は「それでいい」と思ってる。
 どうせ人間は、今の自分が出来ることしか出来ない。

 でも、出来ないからといってそこで辞めてしまったら、本当に何も出来なくなってしまうんだ。
 例えどんなにダメでも、ヘッポコでも、ウンコでも、カスでも、他人に笑われようとも、嘲られようとも、中傷されようとも、批判されようとも、哀れみを抱かれようとも、そんなの気にしているヒマは無い。
 とにかく今の自分が出来ることを、やり続けていくしかないんだ。
 それ以外に方法は無いんだ。
 そして、そうやって続けていけば、いつの日か少しずつ成長を感じることは出来る。
 
 僕はまだ、あの頃に思い描いていたような「理想のブロガー」には全くなれていない。
 それでも、日々少しずつ、ほんの少しずつだけれども、成長は実感できている。
 変化は感じれている。
 人生って、こういうことをひたすら積み重ねていくしかないんだよね。
 これはブログに限らず、あらゆることに言えることだと思う。

 少なくとも、自分で自分への要求水準を上げて、その水準に達することが出来ないからといってそこで「嫌になってしまう」のが一番ダメなことなんだ。
 愚かなことなんだ。




 このことに気付けたことが、僕がブログを始めて一番良かったことかな。
 イケハヤ先生が同じような発想の人だったとは、ちょっとびっくりだったけど、とにかくすごく共感できた。
 いい記事だこれは。