PR

スーツ文化は世界的に廃止しようよ!!

 こんなニュースを見た。
 山本太郎氏の服装注意 ノーネクタイで登院 

 山本太郎議員。
 ネクタイつけないくらいで怒られちゃったのね。
 いやぁ、やっぱり世の中ってまだそういう考え方が残ってるんだなぁ。

 つか、スーツって別にいらなくね?

 で、いきなりすげー根本的なところなんだけど、あれって全然いらなくない?
 いやもうスーツに限らず「正装」全般に関して、僕は全然いらないと思うのよね。

 なんで会社員だからってスーツ着なきゃいけないの?
 なんで結婚式だからってスーツ着なきゃいけないの?
 成人式、お葬式、パーティー、もうなんでもいいけど、「正装」って一体何のためにあるの?
 必要性がまったくわからないんだが。

 「雪山で防寒着を着ましょう」って言うならわかる。
 じゃないと凍死しちゃうかもしれないからね。
 でもスーツって、そういう明確な必要性どこにもないじゃん。
 だったら何着てたっていいじゃん別に。

 スーツを着てない=非常識って、全然意味わかんない。
 「逆立ちして歩いてない人は非常識」って言われてるくらい意味わかんない。
 だってそんくらい無意味じゃんこれ。

 これ書いてたら「唯才是挙」を思い出した。

 突然話が変わりますが、三国志の時代に曹操さんという政治家さんがいました。
 彼は「唯才是挙」というおふれを出しました。
 これはどういうことかというと、「能力だけで人材を推薦しろ!!」ってことです。

 当時の中国では儒教思想がとっても根強くて、家柄・礼儀みたいなのばっかり重用視されてました。
 その結果、「本当は能力があるのに評価されない身分の低い人達」ががたくさんいました。
 その逆に、「無能なのに出世する奴」ばかりが横行していました。
 当時の中国社会では、「能力があるかどうか?」よりも、「見た目や礼儀作法がなってるかどうか?」のほうが重視されていたんですね。

 で、ある日曹操さんは、そんな状況を変えるため、「唯才是挙」というおふれを出しました。
 これは現代語風に意訳すると、以下のような意味になります。

 「もう家柄とか礼儀とか、そういうのいらねー!!
  能力だけで人材を推薦してこい!!
  能力以外の評価基準で人材を推薦したやつは殺す!!!!!!」


 いや、実際に「殺す」まで言ったかどうかは知りませんが、まぁニュアンス的にねw

 で、最初のスーツの話に戻るんだけど

 現代社会のスーツ文化も、この三国志の時代の「唯才是挙」問題と同じようなものを感じる。
 みんな、建前ばかり重んじて、本質を見失ってないかね?
 そもそも僕達が、世の中の会社員や政治家に求めることって、そういう見た目をしっかりしてくれることなのか?
 違うだろう。

 会社員は仕事をきっちりこなしてくれるだけでいいし、政治家は政治をしっかりやってくれればいい。
 それだけだろう。
 そう考えたら、スーツをちゃんと着てるかどうかなんて、どうでもいいことじゃないか。

 結婚式には祝う気持ちだけ持ってきてくれればいいし、葬式では故人を偲ぶ気持ちだけ持って来てくれればいい。
 それ以外のものは、何も要らん。
 スーツだろうがジーパンだろうがメイドコスプレだろうがデーモン小暮風衣装だろうがバルタン星人だろうが、好きなものを着てきてくれればいい。
 それでいいじゃないか。
 その方が、正直で誠実じゃないか。

 いつか何かの本で読んだんだけど、「スーツは自分を覆い隠す」ツールなんだそうな。
 無能な人でもシッカリしてそうに見せることが出来る、だから会社員はスーツを着る。
 結婚を祝う気持ちや、故人を偲ぶ気持ちが無くても、表面上はそういう気持ちを持ってやってきたように見せれる。
 少なくともバルタン星人を着てくるよりは。

 だからみんな正装する。
 正装して、表面を取り繕う。

 いやまぁ生き方は人それぞれだろうから、中にはそういう人がいても別にいいんだけど、でもそういう人しかいない今の世の中は、やっぱりなんだか気持ちが悪いよ。
 みんなして表面を取り繕って、正直な自分を覆い隠して、虚構と虚構を見せ合って生きている。
 仮面をつけて生きるのが当たり前になっている。
 なんか変じゃないか、そんな社会って。