読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR

何を見ても「煽り」「釣り」にしか見えなくなる奇病「はてな村症候群」

オピニオン

 はてなブログ出戻りも完了したことだし、久々にはてなブロガーに言及でもしてみようかな。

 

 まず最近、クレジットの人がこんなこと書きました。

 無料で記事を公開してお金を稼ぐことと、有料で書籍を出版してお金を稼ぐこと。なぜ他人が儲けることを嫌う人たちは、前者ばかりを叩くのか? - クレジットカードの読みもの

 

 これに対して、あざなえる先生がこんなこと書いてたよ。 

 ブログで儲けるのが嫌いなのではなく、煽ったり釣ったりしてるのが嫌なだけ - あざなえるなわのごとし

 

 どちらの記事も、言ってる内容はタイトルで完結している。

 クレジットさんは、「ブログでお金儲けることを批判するのはおかしくね?」と言っており、あざなえる先生は「金儲けそのものが嫌われてるんじゃなくて、釣り記事・煽り記事で稼ごうとするやり方が批判されてんだよ」と言っている。

 どちらも、これだけ読めば「まぁその通りかな」と思う。

 

 ただ、あざなえる先生の、以下の文章だけは事実認識が間違っていると思う。 

今回、キノコに対して辛辣にコメントを付けてる人らと言うのは

「はてなブログふざけんじゃねえぞ?!」

「はてな村ってなんだよ?」

とわざわざ煽って見せたことを覚えてる。

あのひとが元々TWITTERでのフォロワーをそのまま持ち込みブログを始め、そこで起きたシステムのコンフリクトに対してブログの記事として騒いだ。

本来であれば何かしらクレームがあるならメールや各個人で対応すればいい。

ところがあのひとはブログの記事で書くことにした。

「そう言う選択をする人」

だしそういう煽りは何度もあった。

その度に「あぁ...またやってるな」と思われた。

  キノコってのは、まつたけさんのことね。

 どうやら、あざなえる先生の中ではまつたけさんは「煽り屋」らしい。

 えー、なんでそうなっちゃったんだー??

 

 彼は、「まつたけさんの過去の煽り記事の例」として、以下の二つをあげてるんだけれども…

 はてな村ってなんだよ? - まつたけのブログ

 はてなブログふざけんじゃねえぞ - まつたけのブログ

 これが「釣り」に感じられるというのは、いわゆる「はてな村症候群(いま名付けた)」にかかってしまっているんじゃないですかね。

 

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

 

 はてな村症候群とは…?

 ネット上のあらゆる記事が釣り・煽りに見えてしまう脅迫観念。

 それがはてな村症候群である。

 

 一般に、はてなブックマーク周辺の人達はITリテラシーが高い人達が多いと言われている。

 だが僕は、これは違うと思う。

 彼らは「ITリテラシーが高い人達」なのではなく、ITリテラシーが高いせいで、物事をうがった見方しか出来なくなってる人達」なんだ。

 はてなブックマークというサイトの歴史的経緯からそうなってしまうのかもしれないが、彼らはとにかくやたらと「釣り」「煽り」に敏感だ。

 もはや敏感なんてのを通り越して、「実在しない敵に怯える脅迫神経障害」みたいなレベルに至っている。

 

 例えば前述のまつたけさんの記事にしたって、元々まつたけという人物は、はてな村周辺のことをよう知らん人だった。

 だから彼は、いつもいつもTwitterの自分のファン達に向けて、言葉を放っていた。

 彼が言葉を向けている相手は、いつもTwitterなのだ。

 はてな民のことなど、この時点では視野になんか入っちゃいない。

 しかし脅迫神経障害に陥っているはてなーの人達は、そこが理解できない。

 彼らは、ネット上のあらゆる言葉は、「自分達に向けられているものだ」と思い込んでいる。

 

 まつたけさんが「はてなブログふざけんな!」という記事を書いたのは、あくまでもTwitterのファン達に対して意思表明をするためであって、煽りでも釣りでも何でもない(少なくとも僕にはそう感じられた)。

 彼は、はてな民のことなんて意識にも入っていない文章を書いただけで、はてな民の気を引く文章を書こうとしたわけではない。

 

 ところが、あざなえる先生はここを邪推して、

本来であれば何かしらクレームがあるならメールや各個人で対応すればいい。

ところがあのひとはブログの記事で書くことにした。

「そう言う選択をする人」

だしそういう煽りは何度もあった。

その度に「あぁ...またやってるな」と思われた。

 なんて言っている(´・_・`)

 全てのはてなブロガーがはてなブックマーク界隈のことに精通したうえで記事を書いているとは限らない」のに、そういう立場の違い・前提の違いを一切考慮することが出来ず、ちょっとでも強いタイトル・刺のある物言いは、全て「釣り」「煽り」にしか見えなくなってしまう脅迫観念。

 それが、「はてな村症候群」である。

 

ひぐらしのなく頃に 雛見沢症候群 Tシャツ ブラック : サイズ L

ひぐらしのなく頃に 雛見沢症候群 Tシャツ ブラック : サイズ L

 

 

 はてなブックマークという場所で長年生きていると

 時には悪質な釣り記事」に嫌な思いをさせられることも多いのかもしれない。

 そういう過去があるからこそ、彼らはここまで過敏になってしまうのかもしれない。

 

 しかしだからといって、「釣り・煽りでないものまで、釣り・煽りに見えるようになってしまう」ようでは、さすがに病気だと思う。

 何でもかんでもうがった見方をするばかりではなく、時には記事の内容を素直に受け止める心」も必要だと思うよ。

 そんなことを思う今日この頃でござる。

 おしまい。