読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR

ブロガーの寿命って短いよね。寂しいよね。

 どうもどうも。

 最近タロット屋始めたり、web制作の仕事受けたりなんだりしてたらスーパー忙しい大彗星ショッカーです。

 忙しくて忙しくて、ぶっちゃけブログにかけれる時間がまったくねえ!

 ちっともねえ!!

 さっぱりありゃしねええ!!

 

 ましてやadsenseが停止している昨今、このブログを更新し続けることに如何なる意味があるのだろうかなんてことも思わないでもないんだけれども、まぁでも占いの宣伝になることはなりますし、あとなによりもやはり僕自身がブログ活動するの好きみたいで!大好きみたいで!!

 てなわけで、こんなにもクソ忙しい中、今日も最低1記事は更新してみようと思いますですよ。

 さてここからが本題だ。

 

 最近ふと思った。ブロガーの寿命って短いよね

 体調わる子先生は、半年もったかもたないかくらいだった。

 コンビニ店長はブログ削除されちゃったので確認できなかったけど、あの人もそんなに数年単位で居た人ではなかったよね?たぶん?

 ポナコさんは、すげー長い人だと勝手に思ってたら一年くらいだった。

 セレさんもだ。

 例がはてなブロガーばっかりになってしまったな。

 まぁでも、はてなに限らず、どこのブロガーでも全てに言えることだと思うんだけど、ブロガーの寿命は短いよね。

 

 一時はあんなにもはてブを席巻していた人達が、一年もせずにどこかへ消えてしまう。

 今、隆盛を極めている人達だって、三ヶ月後には引退してしまうかもしれない。

 なんかそう考えると、寂しいなぁと思った。

 同時に数年単位で続けている人達は、やっぱりすごいなぁとも思う。

 

 なんで急にそんなことを考えたかというと、最近ぼくがはてなブログに出戻りしたと同時に引退宣言をしやがりやがったブロガーが二名いたんですよ。

 どちらもすごく仲良しな二人だったので、すごく悲しかった。

 まぁそのうちの一名は一週間も経たないうちに「あっという間にカムバック」してきやがったのでいいんだけど(往年のプロレスラー並のいい加減な引退宣言だw)、でももう一人のほうはそんな風にしれっと戻ってくるキャラでもなかったので、多分このまま本当に消えていってしまうのだと思われる。

 

 僕はそれがとても悲しかった

 その「もう二度と戻ってこなそうな方のブロガー」は、そんなにホットエントリしてた人でもないし、正直だれも知らんと思う。

 全然、知らんと思う。

 でも、彼はそこに居たんだ。

 あの時あの瞬間、彼は確かに「はてなブログ」という空間に存在していたんだ。

 

 だけど今はもういない。

 なんだかすごく寂しい気分になる。

 

 こんなことを考えてしまうと生来がネガティブな人間なので、ついつい今現在ぼくが個人的にウォッチャーしているブロガー達(はてなに限らずね)も、来年にはどうなっているんだろうなんてことを思ってしまう。

 今仲良くしてもらっているあの人は、今毎日楽しみに読ませてもらっているあのブロガーは、一体いつまでこのインターネット空間に存在し続けてくれるのだろうか。

 あぁそういえば、バンブルビー通信もいつの間にか消えてしまったなぁ。

 山田先生はどこにいったんだ。

 はてブマンあたりも、そろそろ危険サインが出ている気がするなぁ。

 

 うおおおおおネガティブモード入りましたああああああ

 あかん、僕はわりと寂しがりやな性格なので、自分の知る人が自分の目に見える範囲から消えてしまうことにとても悲しみを感じる人なので、ここでのネガティブモードはあかん。危険だ。非常に危険だ。リスカしちゃうかもしれない。すまんさすがにそれは嘘だ。あぁでも本当に寂しいなぁ。

 まぁでもだからといって、引退していく人々に対して僕が「引退するな!」というのもおかしい話だし、何か出来ることがあるわけでもないし、だから僕はただただ彼らを見守り続けることしかできないわけなんだけれども、それにつけても寂しいなぁ。

 

 以上、終わり。

 ちょっとこの後も「ホームページ制作の仕事」しなきゃいけないから、とくにまとめもせずにこの記事は終わる。

 ただ、僕がいま感じている「寂しいなぁ」という気持ちを全世界に振りまくことによって、少しでも多くのブロガーが僕の「寂しいなぁ」を感じてくれて、それをプレッシャーに感じてくれて、「気軽に引退なんかしたら大彗星ショッカーさんに孫子の代まで呪われるかも><」なんてことを思ってくれれば本望である。

 すみませんそれは嘘です。言い過ぎです。

 辞めたい時は好きに辞めて下さい。

 でも寂しいけどな!!!!!!!!!!!

 

淋しいのはお前だけじゃない [DVD]

淋しいのはお前だけじゃない [DVD]