PR

カルカソンヌ全国大会2014 in横浜予選会にて優勝してきますた

先週の土日は、カルカソンヌの予選会にいてきたーーー!!

そして、8戦8勝で優勝してきたーーーーー!!

いえええええええーーーーーーーーーーい\(^o^)/

 

カルカソンヌ

カルカソンヌ

 

 

8戦8勝、つまり全勝って、考えてみたら初めてだわ

僕は自分で言うのもなんだけど、正直そこまで強い子じゃない。

2012年には日本3位をとったこともあるけど、あれはたまたま運が良かっただけにも思えるし、それ以外の練習戦での勝率とか考えても、本当に強いカルカソンナー達に比べたら全くだと思う。

だけど、そんな僕が、8戦8勝できた。

 

何故そんなことが出来たのか?

その理由は、自分でなんとなく思い当たっている。

 

単純に、冷静にプレイできたからだと思う。

僕は今まで、試合中に『立ってプレイする人』だった。

盤面を俯瞰的に見ないと、どうしてもしっかり把握できないのだ。

だけどこの日は、一度も立たずにプレイできた。

そんなことをせずとも、盤面をしっかり把握できていた。

それからいつもみたいに、頭が熱くなることもなかった。

後半は顔が少しだけ熱くなってたけど、それでもいつもに比べれば全然冷静だった。

落ち着いてプレイできていた。

 

では、どうして冷静にプレイできたか?

その前週、とあるボードゲームスペースのオーナーに言われた一言が心に残ったから。

彼は元麻雀戦士だった人らしいんだけど、そんな彼がこう言ったんだ。

  • 『運要素がからむゲームでは、勝ち負けそのものにはそこまでこだわる必要はない』
  • 『重要なのは、今の自分が持つ全てを出したうえで、戦えたかどうか』
  • 『結果的に勝ったとしても、それは自分が勝ったのか?それとも相手が負けたのか?結果的に負けたとしても、それは自分が負けたのか?それとも相手が勝ったのか?そちらのほうが大事なんだよ』 

この言葉が、すげー心に残った。

そうだね、同じ勝つにしても、自分の全力をしっかり出せたうえで勝てた場合もあれば、自分もダメダメだったけど、相手のほうがもっとダメダメで自滅しまくってたから、その結果『勝てただけ』ってこともあるよね。

……でも、そんな勝利に意味はないんだ。

 

勝負の結果そのものよりも、

今の自分のもてる全力をしっかり全て出せたかどうか。

自滅してなかったかどうか。

冷静にプレイできていたかどうか。

その方がよっぽど大事なんだ。

 

……この言葉を聞いて、僕の心の中で何かが吹っ切れた。

ってなわけで、横浜予選ではとても冷静に戦えたような気がします。

その結果、あの日は8戦8勝できたんじゃないかと思います。

 

ただ、あの日は強豪プレイヤーが少なかったからね、だから冷静になりやすかったという側面もあるかも。

もし実力あるカルカソンナーがあと数人混ざってたら、それでも僕が冷静に戦えていたかどうかはわからない。

 

結局カルカソンヌのような全タイルのパターンが決まっているゲームでは、どれだけ冷静に場の状況を把握して、最適な一手を取り続けることができるかどうかが重要なんだ。

たったそれだけなんだ。

これは、そういうゲームなんだ。

 

というわけで八月十七日の本選では、実力者達がぞろぞろいる中でも冷静に戦えるよう、今後はメンタル面を鍛えていこうと思いました。

今年は日本3位返り咲きたいなぁ。

1位とれればとりたいけど、実際とっちゃうといまニートなのでドイツでの滞在費がないんだよなどうしよう…笑