読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR

「みんな死ねばいい」は、「みんな大好き」ってことだと思う

はてなの話題

斉藤さんのブログを久々に読んだ。

 


「みんな死んでしまえばいいのに」って思っていた - はてな村定点観測所

 

 

 

これ読んでたら、10年くらい前の元カノに言われた言葉を思い出した。

それは以下のようなものだった。

 

「人間には好きも嫌いも無い」

 

「あるのは、ただ気になるか気にならないか、それだけ」

 

「好きと嫌いは、同じ感情の表裏に過ぎない」

 

理屈はよくわからんけど、何故かとても納得できる言葉だった。

確かにそうかもしれないなーと思えた。

 

 

 

斉藤さんは今回のブログ記事で、「みんな死ねばいいのにと思っていた」と語る。

だが彼は、過去にこうも語っていた。

 

(自分自身への)アンチも含めて全てのはてなユーザーを愛している。

私は1人も非表示にしているユーザーはいない。

みんなちがって、みんないい。

だから、私はモヒカンであり博愛主義者なのだ。

 


カオス属性とは博愛思想である - はてな村定点観測所

 

 

 

きっと彼は、全ての他人が気になってしまう人なのだろう。

だからこそ、心がポジティブなときは博愛主義となるし、逆のときは全世界を憎んでしまう。

 

これは、とんでもない才能だと思う。

 

彼は「この世界の全てを愛する聖人」か、「この世界の全てを憎む反逆者」にしかなれない。

中間が無い。

なんて、哀しくも素晴らしい才能なんだろう。

 

 

 

彼のこの才能が、なるべくポジティブな方向で維持されますように。

そう願って止まない。

 

ってここまで書いたところで

斉藤さんが、さらにこんな記事を投稿してた。


はてなブログやめます - はてな村定点観測所

 

おうふ。

まさかの自殺するかも宣言

反逆者モードがこじれすぎて、この世界にいるのが嫌になってしまったようだ。

 

うーん、感情が一時的に高ぶっただけ。

それで済んでほしいな。

 

ここで死んでしまうには、あまりに惜しい

 

斉藤さんは心が前を向いてさえいれば、きっと多くの人を救える偉人になりうる。

そういう「とてつもない才能」がある人だと思うよ。

 

だからまぁ、気が変わったらなるべく前を向いてくださいな。