PR

僕らの青二才こと三沢文也さんは「専門家」だったらしい

 

 

「ゆるい就職」はフリーター礼賛と同じなのか 「親が死んだらどうする」と懸念も | ニコニコニュース

 

 

「ゆるい就職」はフリーター礼賛と同じなのか 「親が死んだらどうする」と懸念も | キャリコネニュース

 

専門家は批判「どんなに言葉で飾っても、内実は使い捨て」

ブログ「言いたくないけど、僕が青二才です」も、「僕が『ゆるい就職』を許せない理由」と題したエントリーで「ゆるい就職」の問題点を指摘する。額面15万円は実質的な手取り12~13万円にしかならず、「一人で自活する選択肢も、人と交流したり趣味に使う事もほぼ無理!」と警告する。

 

キャリコネニュースさんにとって、ブロガーは「専門家」の範疇に入るらしい……笑

 

いやまぁ……。

青二才さんの場合は、確かに専門家といえば専門家……なの……かな……?

 

まぁなんでもいいけどさ笑

 

追記

はせおやさいさんがブコメでつっこんでくれたよ!

 

小見出しの「専門家」は、青二才さんブログにかかってるんじゃなくて、そのあとに別の専門家を紹介してて、そちらにかかってるっぽい。

青二才さんブログは、その前の掴み?として紹介されただけみたい。

紛らわしいーーーー!!

けど、これは完全に僕の誤読ですね。

ごめんなしゃい(;_;)

 

結論、青二才さんは「専門家」ではなかった