読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR

ネガティブな感情は金にならない

ブログ運営

こんちわ。

大彗星ショッカーです。

言いたいことはタイトルでほぼ完結しています。

 

 

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

 

 

 

1:今回あった出来事

ブログの過去記事の中で、そこそこ検索流入がある記事に対して、関連しそうなa8のアフィリエイトリンクを挿入してみた。

その状態で何日か成果が出るか検証したところ、成果が出る記事と出ない記事には、「ネガティブなこと書いてるか」「ポジティブなこと書いてるか」という差異があることに気付いた。

 

2:この結果から類推できること

 

アフィリエイトとは、商品購入・会員登録等の、読者の能動的なアクションを発生させることによって報酬が発生するシステムです。

そのため、「ふざけんなー」とか「心が前向きになれないよウジウジ」みたいなネガティブな記事書いてても、読者に「能動的な行動を起こさせる気にさせない」のだと考えられます。

 

結論、「怒りや悲しみ等のネガティブな感情は、(少なくともブログ運営という観点においては)あまり金にならない」ということです。

 

かといってネガティブがダメってわけじゃないけどね

ネガティブな感情自体は、誰だって持つことがある感情です。

そしてそういうことをブログに書くことが悪いわけでもないです。

人生という壮大な物語のなかでは、そういう感情があるからこそさらに前を向こうと思えることだってあるでしょう。

 

ただ、そのことをブログにのっけても金銭的なリターンはあまり期待できないかもねってだけの話です。

これに対して、「よし私はネガティブな感情はブログに書かないぜ!」となるか、それとも「例え金にならなくても私は書きたいからこれを書くんだ!」となるかは、人それぞれ答えが異なってくるでしょう。

 

ってふと思っただけ。

とくに落ちは無い。