読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PR

ブログで7万円稼ぐノウハウを必要とする人達もいる。「9万円儲かってるうち2万円が有料サロンならブログの儲けは7万円じゃね?」を読んだ感想

これ読んだ

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

なんつーのか、有料の学生BLOGサロンみたいなのを開き、そこで「学生でもブログをやれば90,000円儲かるんだぜー、だってオレ儲かってるし」と書くような輩って言うのは、別に人に教えるほどのノウハウが体系化できてるわけもなく、でもブログ教室の質なんて問われてないから素人レベルでもブログ本片手にやってりゃあなんとなく運営できてしまうお手軽サロン。

 

偶然の余地の大きい経験則的な話ってのは、身近ではあるけど体系化できてないから普遍的ではないにも拘らずそんなことは構わない。 

 

だからどうしたの?

って思った。

 

ノウハウの体系化もできていない、しょっぼい情報しか提供できないであろうサロン。

それは確かにその通りだろう。

でも、だからどうしたの?

 

それは確かに、あなたからすればしょぼい情報かもしれない。

だが、これからブログを始めたい人にとっては違うかもしれない。

またサロンというのはそもそもファン商売なところがあるので、単純に「そのブロガーが好き」という理由で加入している者も多いだろう。

 

顧客がその価格を適正だと感じ、自らの意思で購入している。

そして商品の内容自体に嘘はない。(実際に7万円稼いでる人間が自分の経験則を伝えているのだから)

だったらそれでいいじゃないか。

部外者であるあなたが、とやかく言うことじゃない。

 

7万円を稼ぐノウハウなんてしょぼい?

ちょっとググればいくらでも出てくる? 

 

いや我々にとってはしょうもない情報でも、それを必要とする段階の人間はいるのだから、それならそれで良いじゃないか。

小学生向けの国語の教科書を作ってる業者に、「こんなものは本来の国語学とは呼べぬ!!」っていちいち文句つけたりしないでしょ?

 

ちなみにそのブログカレッジってのを概要ページだけ見てみたけど…

www.jimpei.net

 

ブログ初心者学生向けの大学を開校します!

「よく分かんないけどブログで稼ぎたい!」と思っている、そんな昔のぼくのような学生のために、keitaさんとブログ初心者向けの大学を主宰しています。

 

ね。

そもそもターゲットが「完全な初心者」「しかも学生メイン」なわけですよ。

 

ていうかタイトルよく見てみなよ。

「ブログで月3万円稼げるノウハウ」だよ。

もはや7万円ですらなかったよ。

 

ブログのことを何も知らない、インターネットのこと何もわからない、ブログで月3万円稼ぐ方法すら知らないという段階の人達に、ブログで月7万円稼いでるブロガーがその経験則を月額2980円で販売してるわけですよ。

別に普通の商売じゃないか。

 

そもそも商売の根本ってさ、こういう「今の自分がすでにできること」から始めることだと思うのよね。

例えある一面では低クオリティな面があったとしても、それは段階的に成長していけばいいことであって、ひとまずは「今の自分がすでにできること」だけで初めてみる。

とにかく、まずは動いてみる。

実際にやってみる。

誰だってそういうところからスタートするものじゃないの?

 

そうやって自分への挑戦をスタートした若者相手に、いちいちケチをつけてどうするのよ。

みっともないよ。

やめなよ。

大人として。

 

ただしもちろん、詐欺サロンみたいなのは話が別だよ。

実際には全然稼げてないくせに「ブログで100万稼ぐ方法教えます!」とか煽ってるような奴らは問題だよ。

ありゃいかんよ。

でも上記のヤギジンペーさん?は、そうい感じではないっぽいじゃん。

 

ただの大学生がブログで7万円稼ぎました。

学生のアルバイトくらいの収入は確保できるようになりました。

だからその経験則ノウハウを、同じ学生メンツ中心に2980円で販売してます。

そんだけの話じゃないか。

何を目くじら立てて騒ぎ立てる必要があるのか。

 

何かを批判するならば、もっと個別に細分化して、しっかり観察したうえで行うべきだ。

少なくともこの問題に関しては、あなたは「十把一絡げ」にして考えすぎだよ。